学校に通って目指す

予備校や専門学校に通って公務員を目指すという方法は、金銭面と時間の面で問題がないのであれば、ぜひ選択してもらいたい学習方法のひとつです。学校は、やはりこれまで築き上げてきた実績があるところが多く、合格者からの体験談や試験情報なども豊富となっています。情報が多いということは、それだけで有利に働くことも多いです。特に最近では、面接なども重要とされるようになってきたため、そうした面接の対策などもしっかりと行ってくれるという面でもおすすめであると言えます。

デメリットとしては、やはりお金がかかるということと、通学や授業などまとまった時間が必要になるということです。仕事の片手間に資格取得を目指したいという方などは難しいでしょう。また、多人数を対象にした授業形式で進められていくため、わからないポイントが出てきたとしても、どんどん授業は先に進んでいってしまいます。その点で通信教育であれば、録画のDVDであれば何度も繰り返して同じところを聞くことができますし、自分のペースで学ぶこともできます。自分でスケジュール管理をして勉強をしたいのであれば通信教育、スケジュール管理をしてもらって効率よく勉強をしたいのであれば学校を利用すると良いでしょう。

通信教育で目指す

CMや雑誌の広告などで、通信教育を紹介しているのを見かけてことがある方はたくさんいるのではないでしょうか。公務員の資格取得も、今は通信教育で目指すことができ、しかも高い合格率を誇っているところがたくさんあります。では、通信教育はどのようなものなのでしょうか。その内容と、メリット、デメリットについてご紹介します。

その会社によっても異なりますが、テキストなどを使った学習に加えて、今はDVDやWebカメラを使った受講などもできます。質問などがあったら、電話やメールで解決することもできますし、自宅に居ながらにして専門学校に通っているかのようなレベルの勉強をすることが可能となっています。そのため、自宅から専門学校や予備校が遠くて通えないという方や、仕事などをしていて学校に通える時間が無いという方にもおすすめの学習方法となっています。やる気さえあれば、子育てをしながらでも目指すことができます。

デメリットを上げるとすれば、やはり自宅で自分で学習を進めていくという点で、意志が弱いと続けることができないということです。ひとりで学習することがあまり得意でないという方も難しいかもしれません。たくさんの会社から通信教育が出ているので、クチコミなどをチェックして自分に合ったものを探してみましょう。

公務員を目指す道筋

公務員といっても様々な職種があるわけなのですが、その職種によって採用試験の難しさも違えば、採用までのスケジュールも異なります。そのため、まずは自分がどんな公務員を目指したいのかということを決める必要があります。目指す職種やその試験日の日程によっては、いくつかの試験を併願することも可能なので、併願を考えてみるのもおすすめです。目指す公務員によって、受験資格なども異なりますので、そちらをチェックするのも忘れないようにしましょう。

どの公務員試験を目指すのかということが決まったら、勉強のスケジュールや勉強の方法を決定します。多くの方が利用している方法としては、通信教育などを使って勉強するパターンと、専門学校や予備校に通うパターンとがあります。我流で市販のテキストなどで勉強するという方法もありますが、合格をしている方は基本的に通信教育か学校を利用しています。そのため、公務員を目指したいということであれば、通信教育を使うか学校に通うかどちらかを利用することをおすすめします。どちらにせよ、過去の合格実績やフォロー体制、自分のライフスタイルに合っているのかどうかという点を中心に決めていくと良いでしょう。

LINK□大原学園グループ / 公務員試験対策□
通信・通学どちらでも選ぶことができる大原専門学校です。

公務員は資格取得が必須

公務員と聞くと、学校の先生や警察官といった職業を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、公務員といっても非常に幅広い仕事があり、その仕事とへの就き方も様々です。では、具体的に公務員とはどのような仕事があるのでしょうか。

一般の会社員などは、基本的に会社の利益のために働きます。しかし公務員というのは、利益のためではなく、日本国民のために働くのが仕事です。そのため、非常に責任が重く、社会的にも広く認められており、信頼の厚い仕事です。責任が重く、雇用自体もとても安定感のあるものばかりなので、不況である現在では特に人気が高まってきています。公務員の仕事は細かく分けると非常にたくさんあるのですが、大まかに分けてご紹介します。国のために働く国家公務員、地方の自治体のために働く地方公務員、そして裁判所職員や国税官なども公務員です。特に私たちに身近なものとしては、警察官や消防士、教員、保育士、自衛官なども公務員にあたります。私たちに直接関わりがある仕事もあれば、縁の下の力持ちのようにして見えないところで支えてくれている仕事もあり、公務員の仕事のやりがいの大きさがわかります。

どの公務員の仕事にも共通しているものとしては、公務員として働くためにはまずは公務員の試験に合格をして資格取得をし、そして採用してもらう必要があります。責任感のある大切な仕事ばかりである公務員は、誰もが簡単にはなることができるような仕事ではありません。そのために、公務員試験は難しいものが多く、我流で勉強するというのはなかなか大変なことです。ここでは、公務員の資格を取得するためにはどのようにして勉強をしていけばいいのか、そのコツなどについてご紹介していきます。